kilim-141 【上質】トルコ コンヤ New Kilim 8

2017.08.22 キリム

9月9日(土)〜30日(土)絨毯展開催!
上質なトルコキリムを中心に、イランのgabbeh(ギャッベ)絨毯もご用意致します。
ぜひ、この機会にご覧くださいませ。

こんにちは。

8月も後半10日間。

店内では、さまざまなフェアを開催していますが、早くも9月の絨毯展の準備も押し進めています。

こちらでもご紹介致しますが、フェアDMの作製も着々と。

多くの方に、ぜひご覧いただきたい、トルココンヤの上質なキリム。
今回は、特にこちらに力を入れております。

現在では、ほとんどが化学染料が使用され、手間も時間もかかる【草木染め】はほとんど使用されていません。

もちろん、化学染料のメリットも多く有り、鮮やかな色が簡単に表現出来る、と言う意味では草木染めはやってられないのかもしれません。

でも、『買う立場』になるとどうでしょうか?

Gabbeh(ギャッベ)絨毯が、ZOLLANVARI(ゾランヴァリ)社の高額商品が求められる様に、
やはり高品質のものを選びたくなるのが実情です。

天然草木染めは、色あせがしにくく、むしろ使うごとに光沢が出てきます。
色落ちしないので、洗う事にも躊躇がありません。

さらに、こちらのキリムは、ウールとカシミヤを7:3の割合で配合し、手紡ぎされた糸で手織りによって作製されています。

カシミヤが入る事により、ウールだけよりもしなやかに。
糸が細いので、細やかな柄も表現されています。

もちろん、高額です。

このような上質キリムは、不思議な事に飽きる事無く、見れば見るほど(使えば使うほど)魅力が増していく様です。

薄手ですが、しっかりしていますので、もちろん床に敷いてご利用いただけます。

ぜひ、今回の絨毯展はKilim(キリム)をご覧くださいませ。

前説が長ーくなりましたが(汗)、
本日のご紹介を致します。

こちらも珍しい色彩と模様。
明るく可愛いキリムです。

IMG_0057

中央には菱形のメダリオンが配置され、その周囲には、ボーダー状にモチーフが並びます。
周囲は、ギザギザの波模様。
おおよそコンヤらしくない柄往きですね。
IMG_0058

配色も、ピンクのような明るい赤と、薄い水色がアクセントに。
草木染めでこのような表現が出来る事が素晴らしい。
こちらのキリムは、見る度に可愛く思えてきます。
IMG_0059

手織りの素晴らしいところは、左右対称になりきれないところでしょうか。
ジグザグになっている箇所が左右で微妙にズレていたり、細いボーダーの中に描かれたモチーフが1点1点異なっていたり。
探していくと、本当に愛らしくなってきます。
だからこそ、味わい深く、妙に惹きこまれるのでしょうね。
IMG_0060

遠目には、プリントの様にも見えますが、近くで見ると、本当に目が細やかな事がお分かりいただけますでしょうか?
一目が細かく、上から刺繍の様にモチーフを織り込んでいます。
1cmを仕上げるにも、途方も無い時間を感じます。。。
IMG_0061

色合いも美しく、感性豊かな織り子さんなのでしょうね。
配色がとても美しいです。
魔除け、愛情、たくさんの模様を織り交ぜながら、仕上げられています。
IMG_0062

色が奇麗なので、どうしても魅入ってしまいます。
タペストリーのように、掛けても美しい1枚ですね。
IMG_0063

最下段には、大きな愛情のモチーフが。
愛に溢れた、素晴らしいキリム。
これほど、目が細やかなキリムでしたら、足触りもザラザラしません。
こちらは新しいキリムですので、初めは硬いかもしれませんが、徐々に馴染んでくれます。
IMG_0064

N0.1468 キリム
169×121 cm
本体価格:339,000円

ぜひ、現物をご覧いただきたいキリムです。

Share on Facebook

お問い合わせはこちら