kilim-145 【上質】トルコ コンヤ New Kilim 12

2017.09.03 キリム

1709kilim

9月9日(土)〜30日(土)絨毯展開催!
上質なトルコキリムを中心に、イランのgabbeh(ギャッベ)絨毯もご用意致します。
ぜひ、この機会にご覧くださいませ。

 

こんにちは。

9月になりましたね。
いつの間にやら涼しくなって、秋の到来を実感。

絨毯展まであと1週間。
大阪店の売り場を大々的に絨毯モードに切り替え、多くの商品をご覧いただける様に変えていきます。

ただ今、その準備中。

来週にはガラリ、と雰囲気を変えて皆さまのご来店をお待ちしています。

本日は、明るくて楽しいキリムをご紹介致します。

IMG_0106

柄往きや色の配色など、とても可愛い印象です。
おとぎ話を表現しているような、明るいキリム。

小さく時間がかかりそうなモチーフを全体的に織り込んでいます。

昔から、キリムは、織り手の日々の感情表現と言われてきました。
昔の織り手は5歳位から、織りをする母や祖母のそばで、その手に、その感覚に、織りのすべてを刷り込んでいきました。

現在の織り手は、デザインのモチーフや小さな部分柄を伝えられますが、創造力を馳駆ししながら、先祖と同じスタイルで織りをしているようです。

こちらのキリムの中心部分。
微妙にゆがんでいたり、手描きのような均一でないラインが味わい深く、惹きこまれます。
Sやギザギザしたラインは鍵などのフックを表し、邪視除けを意味します。
中心の菱形も、エヴァルアイ(眼)を表し、こちらも邪視除けを表しています。

人々は、昔から多くの災害や禍に見舞われてきました。

これらは、何か目に見えない力が引き起こすと考えました。
人々が最も恐れたのが、邪視の持つ呪力です。その邪悪を見返すおまじないが魔除けの目です。
キリムにはとてもポピュラーなデザインで、沢山の魔除け、邪視除けがあります。
身の回りに置く事により、身を守るという意味です。
IMG_0108

 

 

草木染めならでは、の色合い。
これほどの豊かな色彩を入れていても、ぶつからずに馴染んでいるのは自然染色だからこそ。
自然の風景を眺める様に、スッと溶け込んでいます。

IMG_0109

 

 

 

 

下に見えるのは、愛と調和を表すユニゾンのマーク。
スクリーンショット(2017-09-03 3.18.36)

さらに、下にはユラユラとした水の流れを表す模様が見られます。

スクリーンショット(2017-09-03 3.18.52)
水の流れは、生命を支える大切な水が、常に身近にありますように、という願いが込められています。

IMG_0110

キリムの織り手である遊牧民の多くがイスラム教徒です。
偶像崇拝を禁止しているイスラム教では、花や鳥、人物などの具象柄は使えません。
そのため、柄を表現したいときは、幾何学文様として表現されています。

意味を知れば知るほど、興味深いキリム。

上質なキリムは充分にアート。

薄手ですが、丈夫でしっかりと織り込まれていますので、床に敷いてご利用いただけます。

タペストリーとしても人気です。

ぜひ、ご覧いただきたい1枚です。

N0.1503キリム
164×118 cm
本体価格:228,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら