【2017絨毯展】gabbeh(ギャッベ)-186 特大サイズ2

2017.09.15 北欧家具

1709kilim

9月9日(土)〜30日(土)絨毯展開催!
上質なトルコキリムを中心に、イランのgabbeh(ギャッベ)絨毯もご用意致します。
ぜひ、この機会にご覧くださいませ。

 

 

本日もGabbeh(ギャッベ)絨毯をご紹介致し明日。

家具や雑貨などのインテリアを選ばれる際、『色』を基準にされる方は多いのではないでしょうか?

Gabbeh(ギャッべ)などの絨毯も、部屋の印象を大きく左右するため、慎重に選ばれるお客様が多いように思われます。

IMG_0553

 

 

大阪店で人気の『ベージュ(原毛)』。
染めていないので、ベージュから茶色までのグラデーションで表現されます。

こちらは、周囲は無地。
中央にパッチワーク状に織り上げられてアクセントに。

無地のみだと寂しい印象ですが、このように柄が入ると、原毛でも地味な印象は感じられません。

IMG_0547

 

 

非常に柔らかくて気持ちのよいGabbeh (ギャッべ)です。こちらもカシュクリ。
目が詰まっているので、内側までホコリが入り込みません。

角度を変えただけで、このように色の濃淡が変わります。

IMG_0552

そしてこちらもとても可愛い。
それぞれの世界観を感じます。
市松模様なんて、本当に細やか!

IMG_0548 IMG_0549 IMG_0550

『母娘で受け継がれるGabbeh(ギャッべ)の織り方』。
それぞれの文様や仕上げなど、引き継がれていく大切な文化です。
羊は遊牧民にとって、大切な家族。
原毛の絨毯は、羊たちの毛触りそのものをダイレクトに感じることが出来るので、
生活の糧ともなる、羊への愛情が伝わります。

さまざまなソファや床、お部屋とも合いそうな、ベージュのGabbeh(ギャッべ)絨毯。

オススメです。

 

 

 

カシュクリ
197×119 cm
本体価格:356,000円

IMG_0556

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら