Gabbeh(ギャッベ)-222 リビングサイズ9

2018.10.21 ギャベ, 北欧家具

こんにちは。

本日で、最終日のGabbeh(ギャッベ)展。
昨年は、9月に開催していましたが、今年は1ヶ月遅くの10日開催でスタートしました。

広くゆったりとご覧いただけるレイアウトでの展示は、これで最終になりますが、いつもの駱駝店へ移動しますので、タイミングが合わなかったお客様も、終了後もぜひいらしてくださいませ。

 

こちらでも在庫分を出来るだけご紹介致します。

本日のご紹介も大きなサイズ。

IMG_5859

今の季節のように、清々しい1枚。
グリーンの色が落ち着きます。

整備された芝生にいるような、見通しの良い公園にいるような。
そんな気分になる絨毯です。

IMG_5861

正面からみますと、このような雰囲気です。
内側にグルリと原毛の部分が枠の様になっていて、コントラストが美しい。
中央に、動物たちが居る枠がランダムに配置され、整い過ぎていない雰囲気が良い感じです。
IMG_5862

動物や、生命の樹などにアクセントのように赤色が使用されていて、とてもモダンな雰囲気に。
文様もさりげなく。色を楽しむにはほどよいくらいの柄の数です。
IMG_5863

それぞれの枠が線で繋がっているようで、色々な景色が一つになっているような。
見ていて色々な想像が働きます。
IMG_5865

反対方向から見ると、このような感じに。
白いラインがキラキラと光る、芝生の中の水滴の様に見えます。
瑞々しさが増しているよう。
IMG_5868

 

ゴロンと横になると、このように。(実際には寝転がって這いませんが・・・)
手で触れ、身体に心地よく感じる肌触りに、ついついウトウトしてしまいそう。
以前、お買い上げいただいたお客様も、ご家族が離れずに良く寝ている・・・という嬉しい報告もいただきました^^
もちろん、動物たちも。
IMG_5869

ZOLLANVARI(ゾランヴァリ)社のギャッベは、決して安くはありませんが、毛の質が全く違います。
一般的なGABBEH(ギャッベ)として出回っている絨毯が悪い訳でなく、それが一般的。
ZOLLANVARI(ゾランヴァリ)社のものが良過ぎるのです。
ただ、永く使うものだと思うと、どうしても品質も気になるところ。
こちらの焼き印が目印です。
IMG_5871

冬の朝の日差しはポカポカ気持ちよい。
日差しが差し込むリビングでご覧いただくと、このようにキラキラと見えるのでしょう。
床暖房や、ホットカーペットの上にももちろんご利用いただけます。
ぜひ、快適なリビングに模様替えしてみてください。
IMG_5860

アマレ
196×151 cm
本体価格:374,000円

店頭にてご覧いただけます。

Share on Facebook

お問い合わせはこちら