kilim-158 NEW Kilim ソファ前サイズ 2

2019.10.07 キリム

こんにちは。

10月に入り、はや1週間が過ぎました。
今年もあと2ヶ月なんですね。。。

月日の早さに驚きます・・・!
肌寒くなり、敷物に目を向けられるお客様も増えました。
店内は、駱駝店と北欧店を入れ替えたまま、しばらく展開しています。

絨毯は広く、見やすく展示していますので、キリムやギャッべ、トルコ絨毯などなど
ぜひご覧くださいませ。

本日のご紹介は、こちらのキリムを。

_MG_0422

壁に掛けてみるのと、床に敷いて上から見るのとは、印象が随分変わります。
また、床だと気づきにくいキリムの魅力も再度発見出来ます。
こちらのキリム、同じ模様の羅列ですが、斜めに配置された色違いの文様が
テープの様に綺麗に並べられています。

_MG_0405

 

文様と文様の間には、「S」字フックがたくさん織り込まれています。
邪視から守る意味合いで用いられるS字形のモチーフ。
邪視からの保護という意味だけでなく、特に男女間の結びつきや関わりを象徴するモチーフでもあります。

_MG_0406

周囲には、三角形が上下対象になっている文様が見られます。
こちらは、足かせ。幸せな家族関係や、友愛を表現します。

_MG_0407

こちらのキリム、細部まで丁寧に、細やかに織られています。
見れば見るだけ、魅力的で引き込まれます。
房の始末もそうですね。

_MG_0410

 

こちらの文様全てに、画像のような隙間を入れた「スリット織り」。

色の境目に達すると、横糸は境目から折り返されます。
もし色の境目が垂直な一本線となる場合には、2つの異なる色の境目部分には垂直なスリットが形成されます。
このため、キリムのほとんどは「スリット織り」の織物に分類されるのです。
これらのスリットは、幾何学模様を強調した、非常にくっきりしたデザインを作り出 す効果を有するため、コレクターはこれらのスリットを好むといわれています。

_MG_0411

図解だと分かり易いのではないでしょうか?
スクリーンショット(2019-10-07 21.27.48)

引っ掛けてしまいそうですが、かなりの高密度ですので、しっかりしています。

 

こちらは、文様の周囲を異なる色で縁取りに。
文様が引き立ち、ハッキリとした柄を表現しています。
それにしても、時間がかかりそうな手法ですね。。。

_MG_0412

 

 

 

 

基本的に、シンメトリーに織られていますが、右下に黄色いラインが見えてほっこり。
何かの意味合いがあるのか、と色々想像しているのが楽しいですね。

_MG_0416

 

 

 

薄いですが、目は絨毯よりも細やか。
もちろん丈夫で、床に敷いても、ご利用になれます。
これほどの緻密な作業に、どれほどの時間が費やされているのかと思うと、本当に大切に使いたくなります。

_MG_0418

 

 

 

一目一目がギュギュッと強いのが分かりますでしょうか?

_MG_0421
これほどのキリムが、160,000円だと改めて価格を見ると、本当に安く感じます。。。

NO.227
トルコキリム(コンヤ地方・NEWキリム)
155×102 cm
本体価格:160,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら