kilim-161 NEW Kilim ソファ前サイズ 5

2019.11.18 キリム

こんにちは。

少しずつ秋から冬へと気候が変わっています。

館内、店内はクリスマス一色!
イベントも盛りだくさんですし、今年はハービスエントの15周年のため、
各店ともに、商品も企画もたっぷりです。

ぜひ、ご来店くださいませ。

そして、最近、キリムをお買い上げ頂く機会が増えました(嬉)。

絨毯に比べると、薄さが心もとないキリムですが、
むしろ目は絨毯よりも詰まっているので、しっかりと丈夫です。

薄さを活かして、タペストリーにしたり、棚の上に敷いたり。
女性でも簡単に、持ち運べますので、時々は日陰干しされたい方にも軽いのでお薦めです。

本日のご紹介は、こちら。
_MG_0869

手織りとは思えないほど、緻密な柄。
織り手さんの正確も伺える程の、几帳面さ。
とても丁寧に仕上げられています。

IMG_6229

たくさんの文様を、少しアレンジされながら柄配置。
間違え探しのように、上下左右で少しずつ色や、柄が異なっています。
そして、とても美しい配色。
IMG_6230

多色使いですが、不思議とスッキリ感じます。
色のトーンが、抑えられているからなのでしょう。
茶色や、オレンジ、ベージュのカラーが、良いアクセントになっています。
IMG_6231

周囲の櫛の文様も、縁取りされていたり、色を付けられていたり、アレンジが素晴らしい。
楽しまれながら織られていたのが伝わってきます。
IMG_6232

房の部分をご覧になると、その糸の細さに驚きます。
カシミヤが30%配合されているので、とてもしなやか。
手触りも良いキリムです。
美しいキリムですが、ウールは使えば使う程光沢も増してくるという革の様な素材。
ぜひとも、しっかり使って、風合いを深めていきたいものです。
IMG_6233

 

ソファの上から見ても、細やかな柄は見事に馴染んでくれます。
多色のキリムは、意外に色々な色とも相性がいい。

_MG_0873
NO.979 キリム
145×109 cm
本体価格:240,000円

【new Kilim について】
こちらの新しいキリムは、トルコのコンヤ地方で織られている、
「現代」の新しいキリムで、「草木染め」の糸を「ウールとカシミヤを3:7」の配合で紡がれた糸で織られています。

歴史も古く、現代でも質にこだわった上質なキリムを織られています。

12-14世紀セルジュックトルコの首都であったコンヤの遺跡からキリムと共通するデザインの壁画が発見されたことから、
コンヤキリムの起源はBC6000-7000年と思われます。
色や模様も多様で、織りも繊細。質の良いウールが使われていることで有名。
昔ながらの技法のキリムを残す為のプロジェクトの中心地でもあります。

草木染めにこだわった、現代のキリム。
深い赤、青なんでしょうけどスモークブルーのような絶妙なブルー、原毛のベージュ、クルミの茶色、
自然界の色は、飽きる事無くいつまでも見ていられます。

Share on Facebook

お問い合わせはこちら