kilim-162 NEW Kilim ソファ前サイズ 6

2019.11.25 キリム

1911herbis_15th

【ハービスエント15周年 Anniversary Fair!!】

店頭には、【15】にまつわる、お得な商品を多数ご用意しています。
税込1,500円、税込15,000円、税込15万円などなど。少し早い、福袋企画も行っています。

【阪急阪神おでかけカード 10,000ポイントプレゼントキャンペーン】
日 時:11/8(金)〜11/30(土)
期間中、ハービスPLAZA/PLAZA ENT内のカード加盟店で合計110,000円(税込)以上ご利用の方全員に10,000ポイントをプレゼント。

こんにちは。
曇り空の大阪です。

ハービスエント15周年フェアには、多くのお客様にご来店をいただきまして、ありがとうございます。

消費税も上がった、11月、増税の影響も懸念していましたが、
多くのお客様に変わらぬご来店をいただいて、感謝いたします。

ネットでも買い物ができる昨今、店頭にまで足を運んでいただき、実際に手にとってご覧いただく、ということは
とてつもなく有難いことだと実感します。

さて、本日のご紹介はこちら。

_MG_0877
中央の濃紺が良いアクセントになっているキリムです。

色味自体は落ち着いていますが、とても華やかな1枚。
たくさんのモチーフを織り込まれていますが、
手作り感もあって、見ていて和みます。
IMG_6235

中央には、モスクを表現。
内側には、チューリップや鳥など、美しく華やか、また繊細な印象を受けます。
内側のメダリオンの色彩もやわらかくて印象的。
自然染色ならでは、のグラデーョンも随所に見ることができます。
IMG_6237

その周囲の紺色の部分。
小さな『足かせ』の文様がたくさん織り込まれています。
足枷は、幸せな家族関係、友愛を表します。

上部だけ織られている小さな三角が見られます^^
バランス上、途中でやめられたのか、敢えて表現されているのか・・・?
真意は分かりませんが、色々と推測することが楽しいですね。
単調だからか、形自体が歪んでいたり、個体差あったり・・・と、よく見るとかなりユニークです。
IMG_6238

枠組みの部分には、櫛の文様が多く見られますが、こちらはこちらにも足枷を使用。
丁寧に、少しずつ色も楽しみながら織られていることが伺えます。
IMG_6239

人の手で作り上げられたものは、どうしてこうも惹かれるのでしょうか?
やはり、『心』や『思い』が伝わってくるからでしょうね。
気分や体調によっても変化があるであろう、手作業の織物だからこそ、より素直に表現されているのかもしれません。
IMG_6240

配色もまた見事ですね。
それぞれ横に類似色を配置されているので、不思議と落ち着きます。

IMG_6241

左下の星のような文様を上下で色を変えているところが素敵。
房の始末までとても丁寧。
見れば見るほどに惹かれます。
IMG_6242

NO.1042 キリム
140×109 cm
本体価格:350,000円

離れて見ても、また違った魅力を発見できます。
_MG_0878
向きによっても、色の濃淡が違って見えます。
多色づかいの敷物は、意外にインテリアにもスッと馴染みます。

サラッとした足触りと薄さは、この時期だと、ホットカーペットや、床暖房にもぴったりです。
_MG_0879

 

【new Kilim について】
こちらの新しいキリムは、トルコのコンヤ地方で織られている、
「現代」の新しいキリムで、「草木染め」の糸を「ウールとカシミヤを3:7」の配合で紡がれた糸で織られています。

歴史も古く、現代でも質にこだわった上質なキリムを織られています。

12-14世紀セルジュックトルコの首都であったコンヤの遺跡からキリムと共通するデザインの壁画が発見されたことから、
コンヤキリムの起源はBC6000-7000年と思われます。
色や模様も多様で、織りも繊細。質の良いウールが使われていることで有名。
昔ながらの技法のキリムを残す為のプロジェクトの中心地でもあります。

草木染めにこだわった、現代のキリム。
深い赤、青なんでしょうけどスモークブルーのような絶妙なブルー、原毛のベージュ、クルミの茶色、
自然界の色は、飽きる事無くいつまでも見ていられます。

 

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら