Gabbeh(ギャッベ)-256 ZOLLANVARI シャクルー

2020.09.04 ギャベ

こんにちは。

8月が終わり、9月がスタート。

先月はギャッべやキリムなど、敷物をご覧いただく機会が多い月でした。

そして9月10月はお引越しやリノベーションなどが多いと聞きます。

9月下旬からは、オータムフェアも開催予定。

当店では、秘蔵のキリムを蔵出しならぬ、店頭出し致します。

ぜひ、お楽しみに。。。

 

ギャッべ絨毯、年中ご利用になれることを実感いただいている方も多いかと思います。

ウールは空気を含むと温かな素材。
日本では、エアコンで室内でのご利用が多いため、ウール自体がエアコンの冷気を含みます。

その為、結果として絨毯はヒンヤリとした手触りに。
ウール自体が夏になると冷たくなる、という事ではなく、室内の冷気とともに涼しい肌触りになる、というのが正しい説明です。

それ以外には、空気中の湿度を吸収してくれます。

湿度調整、とまではいきませんが、なにしろ『天然のエアコン』と呼ばれる素材。
なかなか利口で出来る素材なのであります。

本日のご紹介は、虹の様に明るく美しい、希望が見えるような1枚を。

_MG_0473

細やかな柄や凝ったデザインも見応えがありますが、このように『色』だけに特化して魅せる絨毯も個人的にはとても好きです。
潔さ、といいますか。

草木染めならでは、な絶妙な色のトーンを楽しめます。
_MG_0475

同じ様な色の糸を集めて、じわじわとグラデーションに。
重なりあって、色が変化する部分の表現は絶妙です。
赤から青、青から濃紺へ、水の様に明るいグリーンを経て深い緑へ。
季節の移り変わりを見ている様です。
_MG_0476

そして緑の上には、黄金のように光り輝く黄色が。
単純に明るい色からダーク色へと繋ぐのではなく、最後も華やかな色で締めくくられると、
それはあたかも人生を表しているのか、とまで勘ぐってしまいます。
紆余曲折があっても、最後は明るくあって欲しい。いや、明るい未来が待っている・・・と、絨毯に励まされます 笑
_MG_0477

そしてこちら、ぜひ横からご覧いただきたい。
本当に美しい色彩ではないでしょうか。
_MG_0478

『レインボーカラー』というと、どうにもこうにもチープな印象ですが、
それでも『オレンジ』『黄色』『緑』『水色』『濃紺』『青』『赤』という7色は虹を表しているようです。
空を見上げた時に見えると嬉しい、虹がお部屋の中に・・・!
文字にしても接客トークにしても、そのように言うと安っぽく、全く響かないのですが、
何も言わず、ただただ眺めて欲しい、そんな絨毯です。

 

旅行へ行けない今だからこそ、世界に繋がる広大な空を、そこで見られるであろう真っ赤な夕日を、
透明感ある海を、色鮮やかな花の数々を、も夢みさせてくれそうです(壮大)
_MG_0480

そして、こちらはシャクルー。
シャクルーの最大の特徴は、その毛足の長さ。

そうです、フワフワな足触り。
心地よいのでそのままゴロン、もありです。

_MG_0481

とっても美しいこちらの1枚、ぜひ、自然光でご覧いただきたい絨毯です。

シャクルー
172×120 cm
本体価格:253,000円

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら