Gabbeh(ギャッベ)-258 ZOLLANVARI Old Gabbeh

2021.02.03 ギャベ

こんにちは。

本日は、在庫のなかで最大サイズのオールドギャッべをご紹介致します。

_MG_0676

 
オールドギャッべ絨毯は、一度使用された絨毯。
当店で取扱うものは、1950年〜1960年代のものが多いです。
そして、いずれも、ZOLLANVARI(ゾランヴァリ)社がセレクトされたもの。

絨毯としてのクォリティのお墨付きを得ているものを買い付けています。

_MG_0669

 
現在では、ZOLLANVARI(ゾランヴァリ)社は、商品のクォリティの統一化をはかり
染料は草木染め、糸は手紡ぎ、そして手織りにこだわって絨毯を仕上げています。

ただし、オールドギャッべの織られた背景は、より発色の良い色彩を求めて使用されていた化学染料が多用されていた時代。
こちらのギャッべのオレンジやピンクもきっとそうだと言えます。

どちらが良いとかでもなく、その時代背景も含めての魅力だと思います。

_MG_0672

 
お部屋に敷かれた際には、発色が良い絨毯の方が、魅力的に感じることもあります。
アート作品として、華やかな印象にもなるからです。
草木染めは、当然手が込んだ染色でもありますし、経年による退色も防ぎます。
化学染料でのオールドギャッべ絨毯も、40〜50年程度でしたら、大きな退色は見られません。

_MG_0673

それぞれの良さと、全体的な相性を元に、絨毯を選んで頂けると楽しく毎日ご利用いただけるのではないでしょうか?

_MG_0674

 

こちらは、4つ並んだメダリオンが特徴的です。
正統派の趣のあるオールドギャッベです。どことなく威厳があります。

周囲には、テープのように可愛らしいお花が描かれ、色彩豊か。
ところどころで色を変えたり、変化をつけたり。

_MG_0675

個性的な色調ですが、グリーンのソファと合わせても、意外に違和感は感じられません。

_MG_0679

 

絨毯は家具とコーディネートした画像がしっくりきます。
それぞれの魅力を引き出してくれているように思います。

_MG_0680

 

程度の良いオールドギャッべですので、毛足も比較的長め。
柔らかな手触り、足触りは、とてもリラックス出来ます。

ソファより長めであっても、奥行きがもう少しあったらな、と思われても。
それはそれで、不思議と違和感なく調和しているようにも見えます。

_MG_0681

 

ソファに座って見下ろして頂くのもよし、
ゴロゴロと床で全身で楽しんで頂くのもよし。

_MG_0682

オールドギャッべ
219×145 cm
本体価格:361,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら