kilim-188 Old Kilim ソファ前サイズ

2021.08.27 キリム

こんにちは。

天気の良い日が続きますね。
晴れた日には、掃除や洗濯が捗ります。
Gabbehやキリムも、天気が良いと乾くのが早いため、リフレッシュしたい時には陰干しがおすすめです。

ギャッベ絨毯やトルコ絨毯の取り扱いについてのご質問もいただきますが、
基本的には、ご自宅で全て洗うことが出来ます。

サイズの大きなものは、洗った後の重量が懸念されるため、
大きすぎるものはクリーニングの方が安心ですが、
座布団サイズ、玄関マット、ランナーなどはマメに洗うことで使いやすさを感じられる方もいらっしゃいます。

本来は上質なウールを使用していますので、汚れも弾き、表面を掃除機をかけるだけでも十分なメンテナンスです。

ただし、汚れることを懸念され、最も使用頻度の高いキッチンマットや、洗面台の下、またお玄関にて使用されることを躊躇われる方も多いです。

「洗える」ということで、もっと気軽にご利用いただけますと嬉しいです。

そして、それはやはり丈夫さ故に。

一目一目が細やかに、丁寧に織られていますので、洗ったくらいでは、ほつれることもありません。
絨毯の本では、最後の仕上げの過程では、デッキブラシのようなものでゴシゴシと洗いをかけられています。
それにも耐えうる強度ですので、ご心配なく、どんどんと洗ってください。

乾いたばかりの絨毯は、ゴワゴワしています。

普通通り使用することで、しなやかで柔らかな毛質に戻ります。

本日のご紹介は、こちら。
茶系のトーンが落ち着く、ボーダー上のキリムです。

_MG_0282

単体でも目を引きますが、家具と合わせるとより魅力的に。
_MG_0288 22.54.26

こちらは、文様が浮き立つような手法で織られた、ジジム織り。
パターンの繰り返しではありますが、それぞれに個性があり、生き生きとして見えます。
_MG_0292 22.54.26

袋状であったり、タペストリーであったり。
基本的に、細かな装飾的なキリムは、敷く、という意外の目的で織られたものがほとんどです。
_MG_0294

ボーダー上のものは、それぞれ帯状に意味合いももち、他のキリムとは見え方も変わってきます。
青いラインの箇所も、太さもややまちまちで、手作り感が伝わります。
_MG_0295 22.54.26

日本の着物の帯のように、それぞれがとても丁寧に。
装飾的でもあり、調和性もあります。
_MG_0296 22.54.26

色々なキリムは、それぞれの目的とともに織られているので、文様もデザインも1点ずつ異なります。
それぞれの1枚がもつ意味を読み解いたり、思いを馳せるのもこのようなキリムの醍醐味です。
_MG_0297

キリムは、用途も自由です。
掛けても、敷いても、纏っても、包んでも。
アートのようにその柄や色、文様など全てを堪能されたい場合には、絵画のように吊るしても良いと思います。
床の保護と、暖をとりたい、などの場合でしたら、ラグとしての使用ももちろん可能です。
テーブルやサイドボードの設えとともに、お花や植物との相性も良いので、家具の上に設置しても素敵です。
薄手のキリムであれば、ソファに置いて、ブランケットのように纏っても便利です。
_MG_0300

こちらのキリムは、100年前のもの。
よほどのダメージも見られず、裏と表での色の違いも見られません。
良いものは残りますね。引き継いで使っていきたいキリムです。
_MG_0301

こちらは裏面。
糸の始末があちこちに見られます。
白い糸が刺繍のようにラインをなぞっています。
_MG_0303 22.54.26
比較的小ぶりなサイズですので、デスクの足元や、ベッドサイド、玄関マットにいかがでしょうか?

オールドキリム No.A-602R
108×79cm
税込:132,000円

_MG_0285

Share on Facebook

お問い合わせはこちら