インドの古布展:カンタ刺繍(ラリーキルト)のワンショルダーバッグと2wayショルダーバッグ

2014.08.19 フェア・イベント, 小物

bnr_1408india

こんにちは。

お盆も終わり。昨日は日常が戻ってまいりました。

まだまだ残暑厳しい毎日。水分をしっかりとって元気に乗り切りましょう。

 

さて、今日ご紹介するのは引き続き、カンタ刺繍(ラリーキルト)のバッグです。

 

カンタ刺繍とは?

インドのコルカタからバングラデシュの伝統刺子のこと。

IMG_0549

「カンタ」=「刺す」という意味があり、二枚の布・古布を重ね合わせ

ラニングステッチや様々な文様の刺繍を施しているのが特徴です。

破れた布や古布、サリーの端切れなどを繫ぎ合わせたり2枚重ねにして

刺繍で補強することにより布を丈夫にし、再利用していたのが起源で、

ラリー(結ぶ)ステッチとも呼ばれています。

「ワンショルダーバッグ」 Mサイズ:¥12,000-   Lサイズ:¥14,400-(税別)
IMG_0538

 

IMG_0535 IMG_0536
こちらはMサイズ。(横43cm×縦28cm 持ち手含む高さ37cm)小脇ではさみ込むような軽快なショルダーバッグ。

肩から掛けるとコンパクトに収まり、マチが無い分スマーとも持ち歩けます。

 

IMG_0533 IMG_0532

こちらがLサイズ。(横56cm×縦37cm 持ち手含む高さ46cm)

マチが無い分スマートに持ち歩けますが容量はしっかり。

大きい荷物もしっかり入ります。

 

シルクのカンタは光沢がありとても上品。

使い勝手が良く、手に持って歩いても様になります。

ショルダーは本革&真鍮。

IMG_0540

 

口は大きく開き、中の物が取り出しやすいのですが、

3つのマグネットボタンが付いていて、端から端までしっかり閉まります。

これなら中のものが丸見えになることもありません。

IMG_0542 IMG_0543

 

裏地はオレンジのカンバス地。

ヴィンテージの柔らかい生地ですが、裏地に強度があり、型くずれの心配もありません。

大きなファスナーポケットと、便利な2つのポケットが付いています。

IMG_0546 IMG_0544

 

白地に丸い刺繍の方はMサイズのみ、ピンク地に四角の刺繍はMとLサイズがございます。

IMG_0553

 

 

 

「2wayショルダーバッグ」¥10,680-(税別) 横46cm×縦36cm マチ15cm  付属の本革ショルダー90cm

IMG_0556

 

こちらはユーズドのコットン生地に刺し子を施しており、新品の布とはまた別の柔らかさと風合いがあります。

大きさもしっかりあり、着替えや一泊旅行にも使える頼もしいサイズです。

IMG_0557

 

底板入りでフニャっとぜず、底の丸みが保たれます。

IMG_0555

 

共布で作られたハンドルを持って手持ちシルエットと、

付属の本革ショルダーで肩から掛けられるショルダータイプになる2way仕様。

IMG_0559 IMG_0561

IMG_0562

 

内側には大きなファスナーポケットと、反対側に大小のオープンポケット。(暗くてすみません!)

IMG_0578 IMG_0577

 

口にはマグネットボタンとファスナーのダブル使用。

お好きな方、または両方でしっかり閉じられます。

IMG_0575

 

「この布って何?」と 持ち歩くたびいつも注目と話題を集めるカンタ刺繍(ラリーキルト)。

程良いサイズでとっても使い勝手のよいバッグです。

いずれも8月限定商品。

是非、ご来店ください。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

↓こちらもチェックしてみてください。

★Facebook

★Twitter

 

■お問合せはこちら■

絨毯のお店 駱駝 らくだ

北欧.Style+1 ANTIKAとモダン.大阪店

〒530-0001   大阪市北区梅田2-2-22 ハービスプラザエント3F
TEL/FAX 06-6344-1944 MAIL/am@antika.jp

 

 

 

 

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら